費用とサービス内容で選ぶ

ヘルパー

個々に調べて比較検討を

介護付き有料老人ホームを利用する際は、入所一時金(入居費用)と毎月の利用料がかかります。首都圏では月額利用料の相場が18万円〜35万円と統計が出ていますが、これはあくまで平均値であり、実際にはかなり振り幅があります。高級介護付き有料老人ホームと呼ばれるような施設ですと、入居費用は何千万円、月額利用料も100万円単位になるケースも珍しくありません。もちろん、費用が高いということはそのぶんメリットがあるということです。たとえば、施設設備が充実している、スタッフの数が多くきめ細やかなケアが受けられる、立地条件が非常に良いなどは、費用が高くなる主な要因です。また、利用者の年齢や要介護度といった状態によっても費用は変わってきます。有料老人ホームは介護保険が適用されますが、より手厚いケアを希望すると介護保険適用外の自費負担となってきます。多くの有料老人ホームでは利用者や家族の希望、予算に合わせたプランを提案していますので、同じ施設を利用していて、利用者の年齢や状態が同程度であってもプランによって大きく費用が変わってくることもあるのです。特養と呼ばれる特別養護老人ホームですと、比較的安い費用で利用できますが、人気が高いため緊急度が高くないと何年も待つという現状です。有料老人ホームは個々にシステムも違ってきますし、まずは費用とサービス内容をそれぞれ調べて比較検討し、そのうえで費用とサービスのバランスが良いものを選びましょう。