家で介護できない時に利用

老人ホーム

病気でも入れる

静岡には多くの老人ホームがあり、必要に応じて利用することができます。一人暮らしのお年寄りや老いた夫婦のお年寄りが、自分の家で生活するのが難しくなった時に静岡の老人ホームに入ることがあります。もっと一般的なのは、自宅での介護が難しくなった時に老人ホームに入ることです。例えば病気が重くなったら、家族が介護できない場合があります。そんな時はそのお年寄りに合ったホームを探さなければなりません。静岡にはこの種の施設は多くあるので、意外に早く見つかることもありますが、自分の希望する条件に合うところが見つかりにくいこともあります。静岡の老人ホームを探す時の一番のポイントは、病気の対応です。軽い病気だったら対応してくれるところが多いですが、重い病気だったら難しい場合があります。例えば食事を自力で取れなくなったら、胃に穴を開けてチュープで栄養を補給しなければなりません。この処置は胃ろうと呼ばれ、資格を持った人のみが担当することができます。最近は胃ろうに対応してくれる老人ホームが増えていますが、そうでないこともあります。すべての人が胃ろうを必要するわけではありません。しかし、そうなった場合のことを考えて、施設を探すのは大切です。認知症のお年寄りの世話を行ってくれる施設が増えています。入る時に認知症を患っていなくても、施設で生活するうちに認知症になる人もいます。そんな時のことを考えて、認知症に対応可能なところを選びましょう。